「小ロット」「変則サイズ」のお客様ニーズにも対応するカヤバコンクリート

カヤバコンクリート 油水分離槽 Topix Factory 会社概要お問い合わせ| 


経営理念

進歩と調和

和を大切に日々進歩への努力を怠らない。


社長あいさつ
 弊社は昭和32年に名古屋市千種区萱場町にて先代社長 谷口博美により起業されました。数年経たずして折しも伊勢湾台風後の復興の追い風を受け土木用コンクリート製品は飛躍的に発展しましたので順調にのびていきました。

 コンクリート二次製品は生コンによる構造物築造より形状の自在度や現場復旧の早さなどの利便性により昭和50年代を境に急激に拡大し製品工場も増えました。バブル経済期には建設ラッシュに拍車をかけられる形で省力化、大型化の流れに各社とも大量製造設備への更新や差別化商品の開発に注力しました。ご多分に漏れず弊社でもL型よう壁や大型ブロックなど製造ライセンスを取得して展開した時期もありました。

土木業界も新規事業が頭打ちになってきた昨今大量生産によるコスト競争には適さない弊社としては遠隔地少量出荷の多い油水分離槽や受注対応型の桝や床版を中心にしたニッチな分野での生き残りを模索しております。一番重要なコンセプトとして手作りの良さを追求できる会社を目指しておりますが「手作り」という言葉が反乱する中でコンクリート製品のような工業製造品における手作りの意味は作り手一人一人が製品や材料の特性、工程を理解して取り組むという品質管理の原点を忠実に行う事に他なりません。

 お客様各位にはこれからも格別のお引立てをお願い申し上げると共にお気付きの点がございましたらなんなりとお申し付けいただきますようお願い申し上げます。


Topix Factory
ケーキ工房ハーブポット

カヤバコンクリート
カヤバコンクリート HOME
経営理念・社長挨拶
会社概要
製品概要
アクセス